元気になれるグッズ 元気になれる

お部屋の湿気対策はどうされていますか?湿度が及ぼす影響

急に大雨が降ったりでジメジメ蒸し蒸しの今日この頃ですが。

湿気対策はされていますか?

汗をかいて湿度も高くて本当に気持ちが悪いですよね。

今回は、こんな時期少しでも快適に過ごすためのグッズをあれこれ調べてみました。

 

湿気が及ぼす影響

では、まずは湿気が及ぼす影響について調べてみました。

  1. 部屋がカビ臭くなる
  2. 部屋の壁が結露する
  3. 家具にカビが生える
  4. 洗濯物が乾かない
  5. 靴が臭い

などがパッと思いつきます。

他にも、調べたところによると

 

ダニが発生する

ムカデがでる

アレルギー疾患が出る

更に、関節痛・リュウマチが発症する。

などがあるようです。

 

とにかく、良いことは全くなさそうですね。

 

湿度はどれくらいが丁度いいの?

丁度良い湿度は、40%から60%が理想とされています。

 

40%を下回ると、空気が乾燥しているのでインフルエンザや風邪などのウィルスが繁殖

しやすくなるので気をつけましょう。

 

除湿もしたいのに加湿もしなくてはいけないので両方出来るものがあるので紹介しますね。



他のメーカーもあるのですが、こちらがお値打ちでしかも加湿も除湿も出来てしかも評価も良いです。

 

気温が高くなると湿度も高くなる

 

空気の温度が上がると、空気中に含まれる水分量も高くなります。

逆に空気の温度が下がると、空気中の水分量も低くなります。

そのため、冬は寝る時に加湿をしないと朝喉が痛くなっていたりしますね。

 

湿度対策はどうしたらいいの?

窓を開けて換気することで、湿度を下げる。

空気が流れやすくするために出来れば窓を2か所開けてください。

 

雨の日でも降りこまないようであれば、窓を開けて換気してあげましょう。

室内の方が温度が高く籠ってしまうため、外よりも湿度が高い場合があります。

 

また、押し入れやクローゼット、シンクの下などカビやすい様な場所は定期的に扉をあけましょう。

 

更に効果的なのは扇風機やサーキュレーターを使用して空気の流れを作ってあげると良いです。

 

扉が一個しかない場合あ中に向けて回してあげることで、中の空気が外に押し出されるため、湿度を下げることが出来ます。





 

除湿器やエアコンドライ機能で除湿する

エアコンのドライ機能を使っても、室内の湿度を下げることができます。

でも湿度が気になってエアコンのドライ機能を使ったら、寒くなってしまったという経験はありませんか?

除湿には弱冷房除湿再熱除湿の2種類があります。

 

弱冷房除湿とは

室内の温度も下げて、湿度も下げる。

再熱除湿とは

室内の温度は下げずに、湿度だけを下げる

 

エアコンによっては両方の機能が付いたものもありますが。

 

一般的には弱冷房除湿

の方が多いようですね。

電気代についても弱冷房除湿

の方が安いようです。

 

その他除湿グッズ







など、電源いらずのものもあります。

 

まとめ

ジメジメムシムシで体調を崩しやすい時期ですが、

色々が方法やグッズを試してみて快適に過ごせるといいですね。

 

-元気になれるグッズ, 元気になれる