元気になれる行動 元気になれる

気分が晴れない元気になりたい時にやった方が良い行動

 

悲しい事や嫌なことがあって辛い時ありますよね?

 

そんな時、出口の見えないトンネルの中にいる様ですよね。

周りに相談しても早く元気になってね。時間が解決してくれるよ。など

言ってくれますが、それは分かってるけど・・・。

 

ってなりますよね。

 

まずは姿勢と表情から

 

口角を上げ、笑顔を作る

 

背筋を伸ばして姿勢をよくする

 

顔を上げて上を向く

 

この方法は実際に前向きになれる効果があると確認されています。

 

猫背でいるよりも姿勢を良くし、前を向くとポジティブな気持ちになっていきます。

人間は姿勢と感情がリンクしているようです。

 

表情も同じで楽しい時は楽しい顔になり、悲しい時は悲しい顔になりますよね。

逆も言えるのです。

 

楽しい顔をしていれば楽しい気分になり。

悲しい顔をしていれば悲しい気分になります。

 

 

実際の実験でも、割りばしを加えて口角を無理やり上げて本を読む時と悲しい表情で

本を読む時では同じ本でも口角を上げて読んだ時の方が面白かったと結果が出ています。

笑顔でいると、セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンという脳内物質が分泌されます。

これらの物質には気持ちを穏やかにし幸せな気持ちにさせてくれる効果があります。

でも、今はそれすら出来ないという方はとりあえず割りばしを歯で咥えて笑顔を作ってみましょう。

 

晴れた日に散歩に出かけましょう

 

晴れた日に好きな音楽を聴きながら散歩に出かけましょう。

背筋を伸ばして前を向いて歩いてみましょう。

セロトニンは午前中に分泌されると言われていますので午前中の方が尚良いでしょう。

 

まとめ

 

人って結構、周りの雰囲気やイメージで感情が左右されがちですよね。

例えば、形から入る!

という方多いのでは??

ということで、元気になるのも形からって感じで。

 

オススメのスキンケア

 

気持ちを贈るギフトなら【ジョンマスターオーガニック セレクト公式オンラインストア】

-元気になれる行動, 元気になれる